【金時山】高速バスで行く金時山登山

Pocket

こんにちは、ばーばらです。

 

 

箱根にある標高1,213mの「金時山」に登ってきました^^

 

 

またまた千葉県外となってしまいましたが(汗)

早速書いていきたいと思います。

 

 

今回は団体(といっても6名程度)だったこともあって写真をかなり撮れていないです。。。。

(会話に夢中になってしまうとは・・・)

 

 

山頂までたどり着いてから気が付いて反省しました^^;

 

 

<移動行程>

 

千葉(05:30発)~総武線~新宿駅(06:30着)
バスタ新宿(07:00発)~乙女峠バス停(09:00着)
乙女峠~金時山~乙女峠
⇒バスで帰路へ。

 

 

今回も便利な『バスタ新宿』の高速バスに乗っていきます。

 

金時山に行く場合、高速バスで向かうと登山道入り口のすぐそばにバスが止まるので非常に移動が楽です。

 

しかもバス停のすぐ前にお茶屋さんがあるので、トイレや水分補給も出来ますよ。

 

 

登山開始

 

お茶屋を出て、道路を渡り少し右手に歩くとすぐに登山道入り口が見えてきます。

 

最初は緩やかで整備された道を歩きますが、ちょっとすると斜度の厳しい登りが出てきます。

道もなんだかハーフパイプのような雰囲気をかもしだしてきます(笑)

 

 

普段運動不足なので、序盤で足が売り切れてしまわないよう、ゆっくり、じっくりと登ります。

 

 

とは言うものの、山頂まではゆっくり歩いても2時間程度でしょうか。

 

金時山は常に登り続けるわけではなく、登ったり平坦な道を歩いたりとちょこちょこ足を休めながら登れるので、たまに
現れる難所だけ丁寧に登れば運動不足でも十分に楽しめる山だと思います。

 

途中、30人くらいの老々男女の団体に遭遇しましたが、皆さん全員山頂まで登ってましたから^^

 

 

 

山頂からの風景

 

山頂まで登ると目の前に富士山が拡がる贅沢な景色が見れます!!

 

キレイな・・・・絶景が・・・・・

 

 

見れるはずだったんです・・・・・(涙)

 

 

邪魔な雲がなければ・・・・・

 

 

 

なんだか、山に登ると結構雲に景色を阻まれることが多いなぁ~。

 

 

もしや雲男?

 

 

でも、富士山はあんまり見えなかったけど雲のない方向に見える景色はそれはそれで素晴らしかったので満足です。

これとか◎

 

 

 

下山~温泉、そして打ち上げへ

 

山頂の景色を堪能したら下山です。

 

金時山は登りと違って下山は一気に下る感じなので要注意です。

 

調子に乗って一気に降りた結果、右膝が痛みだし、それをかばうように左足を使っていたら左膝にも激痛が(汗)

 

そこからは一歩降る毎に膝が痛んでしまい苦痛でした。

 

もっと山を楽しめるよう筋力を鍛えないとですね。

 

下山したら近くの温泉で汗を流し、高速バスで新宿に帰還です。

 

新宿で軽く打ち上げして家に帰りました~。

 

 

今回は雲に阻まれて絶景を堪能出来なかったので、絶景を見る為にもまた行ってこようと思います。

その時は写真もバッチリ撮らねば。

 

アドセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です